• eol

生命維持治療の差し控え・中止に関する法制度の4カ国比較(日本、台湾、韓国、英国)の論文がBMC Medical Ethicsに掲載されました

本プロジェクトのメンバー(田中美穂、児玉聡、Ilhak Lee、鍾宜錚)とRichard Huxtable教授による生命維持治療の差し控え・中止に関する法制度の4カ国比較(日本、台湾、韓国、英国)の論文がBMC Medical Ethicsに掲載されました。


Tanaka, M. et al. (2020) ‘Forgoing life-sustaining treatment – a comparative analysis of regulations in Japan, Korea, Taiwan, and England’. BMC Medical Ethics, 21(1), pp. 1–15. doi: 10.1186/s12910-020-00535-w.


ご関心のある方は上記リンクよりご覧ください。

53回の閲覧
  • Grey Google+ Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey LinkedIn Icon
  • Grey Facebook Icon

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。